新SNS「クラブハウス」って何?使ってみての感想




「音声版ツイッター」と呼ばれる

SNSアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」

がバズってますね!


2020年3月にアメリカでリリースされ

日本では1月25日ごろから上陸しはじめ

直近ではツイッターのトレンド入りも

果たしています。


1アカウントにつき

招待できるのが2名までという

非常に閉鎖的なSNSのため

どんなサービスなのかと

興味が湧いた人も多いんじゃないでしょうか?


改めてクラブハウスとは何か

簡単に説明しますね!


米Alpha Explorationが提供するこのアプリは

チャットルームを作成して

世界中の人たちとリアルタイムで

音声のみのやり取りが可能なSNS。


簡単に言うと、

ツイッターの音声版って感じですかね。


たとえば「九州で起業したい人」

といったようなルームを立てれば

話題に興味がある人がルームに入ってきて

その場で音声でチャットするといった具合です。


チャットと言っても

実際には配信者のライブを聞くケースですが。


もともとの利用方法としては

簡単なセミナーや音楽ライブ

「ツイキャス」のような音声配信のより

カジュアルな形態を想定されていたそうで

特徴は、コメント機能が一切ないことと

そこで残した会話は記録されないこと。


このような特徴から

私が考える利用シーンとしては

Zoomでわざわざ話すほどじゃないけど

カジュアルに意見交換したいときとか

使えそうと言う気がします。


あとは、著名人たちが

リアルタイムに話す生配信が気軽に聞けるので

親近感というか「つながってる感」は

他のSNSにはないものを感じます。


私はこのクラブハウスを

運転中に聞いたりしますが

音声メディアはTwitterやYouTubeと違って

目で追いかける必要がないので

効率駅な情報収拾ができてる面では

便利なSNSと言う印象です。


完全に音声のみのSNSなので

日本人に向いているのかな?

と思う部分もありますが

慣れて使いこなせていければ

ビジネスとしての広がりも

ありそうな予感がします。


有名になると

「クラブハウサー」とかって

呼ばれるんでしょうかね(笑)


ちなみに、招待制のため

アカウントを作りたくても作れない・・・

という方がいらっしゃったら

なんと!数量限定にはなりますが

アカウント招待を発行できますので

お気軽にご相談ください。


「新時代のSNS」として

今後どう展開していくのか?

今後に注目したいと思います!



42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示