利用規約 

第1条(本規約の目的及び適用)

営業代行サービス利用規約(以下「本規約」といいます。)は、ペパーズ株式会社(以下「当社」といいます。)が運営するサービス「営業代行サービス」(以下「本サービス」といいます。)の利用者に適用されます。本サービスの利用者は、本規約の内容を十分理解した上でその内容を遵守することに同意して本サービスを利用するものとし、本サービスを利用した場合には、当該利用者は本規約を遵守することに同意したものとみなします。

 

第2条(用語の定義)

「本サービス」とは、当社が提供するオンライン営業代行サービスをいいます。

「利用者」とは、本サービスの提供を受ける個人または法人とします。

「営業先事業者」とは、利用者が本サービス上で営業を実施する対象となる個人または法人とし、当社が作成し利用者に提示する書面によって定義されるものとします。

「営業メッセージ」とは、利用者の販売・提供する商品またはサービス等を紹介する文章で本サービスにおいて当社が営業先事業者に対して送付するものとします。

 

第3条(利用申込および利用制限)

利用申込は、利用者となる本人(法人の場合には対外的な契約権限を有する者とします。)のみが申請できるものとします。

利用申込手続きを行なう者は、登録情報の入力にあたり、入力した情報は全て真実であることを保証するものとします。

当社は、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、事由を通知することなく利用申込を拒否できるものとします。

過去本規約に違反した、もしくは当サービスの利用資格取消等の処分を受けたことがある場合

本規約に違反するおそれがある場合

登録情報に虚偽の情報があることが判明した場合

反社会勢力等と何らかの関係・関与を行っていると当社が判断した場合

その他、当社が適当でないと判断した場合

 

第4条(利用料金および支払方法)

利用規約は、本サービスを利用するにあたって、当社が別途定める利用料金を、当社が指定する方法により支払うものとします。利用者が利用料金の支払を遅滞した場合には、利用者は年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。

 

第5条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。

法令または公序良俗に違反する行為。

他の利用者のアカウント、パスワードを不正に使用したり、他の利用者に成りすます行為。

当社または第三者の著作権、商標権などの知的財産権を侵害する行為。

当社または第三者の財産、プライバシーまたは肖像権などを侵害する行為。

当社または第三者に対する差別・誹謗中傷または名誉・信用を毀損する行為。

当社または第三者が不利益、損害、不快感、嫌悪感等を抱く行為。

無限連鎖講(ねずみ講)を開設し、またはこれを勧誘および運営する行為。

わいせつなど公序良俗に反するもの、青少年に有害と思われるもの、ポルノまたは虐待に関する画像・映像・音声・文字などの掲載および収録媒体などの物品を販売または販売を促進する行為。

特定商取引に関する法律・銃刀法・麻薬・ワシントン条約その他関連条約などの法令の定めに違反するものを販売または販売にを促進する行為。

選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為、および公職選挙法に抵触する行為。

インターネット上で、商品を販売する画面において、「特定商取引に関する法律に基づく表示」に関して必要な表示を行わない、または虚偽の内容を表示する行為。

インターネット上で、商品を販売する画面において、著しく事実に相違し、または実際のものよりも著しく優良であり、もしくは有利であると人を誤認せるような内容を表示する行為

法令で許認可を義務付けられている商品について、必要とされる許認可なしに販売する行為。

反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為。

利用者自身が責任を負えない行為。

サービスのソフトウェア等の複製、翻訳、改変、リバースエンジニアリング、解析等とおこなう行為。また本サービス及び当社に損害を与えるようなプログラムの改変、使用をする行為。

有害なコンピュータープログラムの送信など、当社による本サービスの提供または他の利用者による本サービスの利用に支障を生じさせる行為。

その他、犯罪行為、犯罪幇助の恐れのある行為、犯罪に関連する行為、不正な目的を持って本サービスを利用する行為、当社の利益に反する行為及び当社が不適切と判断する行為。

 

第6条(審査)

利用者は、本契約の申込み、本サービスの提供可否、契約解除等に関する審査があることを確認し、その方法、手段および態様等を当社に一任するものとし、審査により本サービスが利用できない場合や、利用中に本サービスが終了した場合でも不服を申し立てないものとします。また、当社は審査方法及び理由について利用者または第三者に開示しないものとします。

 

第7条(取引への不介入と不保証)

本サービスを利用することによって、利用者と営業先事業者との間、または利用者と第三者との間で生じる取引、交渉、支払および紛争について、当社が介入することは一切ありません。従って、利用者と営業先事業者を含む当社以外のすべての第三者との間で発生する紛争等すべての事象について、当社は一切の責任を負いません。

本サービスの性質上、当社は利用者に対し何らかの成果が発生することを何ら保証するものではありません。ここでいう成果には、営業メッセージの到達および開封、利用者に対する営業先事業者からの問い合わせや契約の発生、および利用者が提供した商品やサービスに対する営業先事業者の満足等を含みます。

 

第8条(免責事項)

当社は、利用者の期待する効果について保証しないものとします。

営業メッセージは、当社が作成したか利用者が作成したか共同で作成したかに関わらず、利用者が内容を確認する義務を負い、内容についての一切の責任は利用者が負うものとします。また、営業先事業者の選定についても、同様とします。従って、営業メッセージの送付に付随して発生するすべての事象について当社は一切の責任を負いません。

当社の債務不履行責任は、当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。

当社は、何らかの理由によって責任を負う場合にも、通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額(継続的サービスの場合には1か月分相当額)の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。

 

第9条(サービス提供の中止)

当社は、以下の場合には本サービスの提供の全部または一部を中止することができるものとします。

天災地変その他の不可抗力、第三者の加害行為によりサービスの提供が不可能になったとき。

その他当社の経営上および本サービスの運営管理上やむを得ない事情があるとき。

 

第10条(利用規約の変更)

当社は、下記の場合には利用者に通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。変更後は、当社は、利用者が変更後の本規約に同意したものとみなし、変更後の本規約を適用するものとします。

利用規約の変更が、利用者の一般の利益に適合するとき。

利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

 

第11条(秘密保持)

利用者は、本サービスの利用に関して当社から提供される一切の情報について、当社の書面による事前の承諾を得た場合を除いて、第三者に開示・公表してはならないものとし、かつ本サービスの利用に必要となる場合を除いて態様の如何を問わず利用してはならないものとします。

 

第12条(権利義務の譲渡の禁止)

利用者は、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

 

第13条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。

本サービスに関して紛争が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

 

付則

この利用規約は2020年10月1日から実施します。